2020年6月22日月曜日

各方面からのご支援に感謝!

近隣のコメダ珈琲から、
医療機関の皆様へというメッセージと共に
1㍑のコーヒー90本の差し入れがありました。
ホッとする時間が持てて、みんな笑顔になりました。

上六の焼き肉屋さん「海南亭」のスタッフさんが、
手作りのフェイスシールド1000枚を運んできてくれました。
外食産業もたいへんな中、医療機関へのお心遣いに感謝するばかりです。


ジャニーズのスマイルアッププロジェクトからは
これまで、サージカルマスクやN95マスクの他
防護服300枚もいただきましたが、
今回、国内の縫製メーカーに依頼したという
布マスクを600枚届けてくれました。
度重ねてのご厚意に、感謝しても仕切れないほどです。
本当にありがとうございました!





2020年6月3日水曜日

おうちでコペルくん

こども班会「コペルくん」は、毎月1回開催していましたが、
新型コロナウィルスの感染拡大予防のため、2月から休止していました。
休校が続く子どもたちのために何かできないかと考え、
5月22日(金)、病院玄関前で「おうちでコペルくん」を開催しました。
①コロナウィルスって何?
②非常食のアルファ米について
③フードバンクって?
の「おうちで学べるセット」とアルファ米とスープ、お菓子と飲み物を
マスク付きで配りました。
日本小児科学会の出している休校中の子どもたちと保護者に向けたお便りも添えました。
急なご案内だったので、来てくれるか心配でしたが、
用意した80セットすべて配ることができ、
たくさんの保護者とコペルっ子の顔が見られてうれしかったです。
ちょっと見ない間に背が高くなって、子どもの成長の早さにびっくり!
みんなコペルくんの再開を心待ちにしてくれているのがよくわかりました。
6月末には、再開できるかな?






2020年5月15日金曜日

感謝!感謝!感謝!

きょうは、大阪市から市民の皆さんから寄付された
雨合羽を500枚いただきました。
防護服にして、感染から職員を守ります!

また、ロート製薬からは、マスク1200枚と
うれしいメッセージ入りのリップクリーム160本が
送られてきました。

みなさんの医療機関へのご厚意と励ましに
感謝するばかりです。
ありがとうございます!






2020年5月13日水曜日

ジャニーズからもマスク届きました!

医療物資を届けてくれる
ジャニーズのスマイルアッププロジェクトに
応募したところ、

5月12日、N95マスク400枚とサージカルマスク600枚が
届けられました。
医療物資不足の折、ジャニーズのあたたかいお心遣いに
感謝の気持ちでいっぱいです。

コロナ禍で気持ちが落ち込むことの多い昨今
みんなの気持ちが上向くうれしいできごとでした。


2020年5月8日金曜日

マスクいただきました!

新型コロナウィルスの感染拡大で、マスク不足の折、
これまでも患者様や組合員様から
「家にたくさんあるから使って!」と
心温まるマスクのご寄付がありました。

今日は、近隣の茨田中学校から、鶴見区医師会を通じて
備蓄マスクのご提供がありました。

みなさまのうれしいお心遣いに感謝するばかりです。

まだまだ先の見えない状況ですが、
みんなでコロナに負けずがんばりましょう!


2019年12月26日木曜日

12月のコペルくんは「クリスマス会」でした♪


1221()のコペルくんは、「クリスマス会」。こども39人、おとな21人、ボランティア3人の参加でした。オープニングは、みんな大好き『ピタゴラスイッチ』のテーマ曲。
リコーダアンサンブルで、軽やかに始まりました。子どもたちが、音楽に乗ってうきうきしだす のがわかります。次は、クリスマスらしくミュージックベルで、今年のヒット曲『パプリカ』を。全員揃って練習できたのは、本番当日だけという強行ステージでしたが、子どもたちが自然と歌ってくれたので、ベルの音色と合わさって、とてもすてきな『パプリカ』になりました。最後は、リコーダとピアニカにピアノとドラムも入って『ジングルベル』と『学園天国』を演奏。みんなリズムに合わせてからだをゆらせ楽しんでくれました。その後、子どもたちが、ピアノに合わせて『きよしこの夜』と『赤鼻のトナカイ』をベルで演奏した後、『あわてんぼうのサンタクロース』を大きな声で歌いました。
おやつタイムは、コープおおさか病院の医師からの差し入れのタルトとお菓子のバイキング。ろいろな果物のタルトの中から好きなものを選んだり、お菓子を選んで、ゆっくりお話しながら、ちょっと早いクリスマスを楽しみました。





2019年12月16日月曜日

回復期リハビリ病棟のクリスマス会

126日(金)の午後、回復期リハビリ病棟で「クリスマス会」が開かれました。
恒例の行事ですが、これまでインフルエンザ等の流行で中止になることが多く、今年は時期を早めての開催でした。
クリスマス会は、看護助手の北田さんのピアノでみんなでクリスマスの歌をうたうところからスタート!手遊びも交え、楽しく歌を歌いました。そのあと、職員と実習中の看護学生さんと先生で、「牧人ひつじを」「きよしこの夜」「赤鼻のトナカイ」をミュージックベルで演奏しました。患者さんにもベルを持ってもらい、いっしょに演奏しましたが、とても上手でびっくりするくらいでした。アンコールに「雪やこんこ」もベルと手遊びで楽しみました。そのあと、運ばれてきたクリスマスバージョンの食養科の手作りおやつに歓声があがり、みんなでおいしくいただきました。